ズキズキ痛みをノックアウト|腰部脊柱管狭窄症を治療して快適生活

病院

腰の痛み

看護師

痛みの原因

腰痛の原因となるものは主に冷えによって起こる筋肉の血行不良や、骨の異常によるものがあります。冷えは些細な事でも起こりやすいため、日常生活で注意をする必要があります。お風呂はシャワーのみでなくお湯にしっかり浸かる事や、適度な運動を心がける事や、規則正しい食生活を送る事などの基本的な部分から改善していく事が、腰痛の原因となる血行不良を改善するためには大切だと言えます。骨の異常によるものであれば、代表的なものと言えばヘルニアなどが挙げられます。ヘルニアは頸椎ヘルニアと鼠径ヘルニアという2つの種類があり、いずれも骨の出っ張りができる事によって起こりますが、レントゲンではそれを映す事が出来ない事から、検査のみでは医師にも分かりません。

骨の異常を起こさない工夫

腰痛の原因となる冷えによる血行不良が起こった時の対処法は先程に挙げましたが、もう1つの原因となっている骨の異常によるものの対処法について説明していきます。この腰痛の原因である骨の異常は、日頃からの悪い姿勢が大きく影響している事が言えます。椅子に座るときに猫背になっていると、骨に異常が起こりやすいため、背もたれに直立程度の角度で座る事を意識します。また、床などに直座りする時にあぐらをかいてしまうと、どうしても猫背になってしまうため、正座などの猫背になりにくい姿勢が作れる座り方をする必要があります。自転車に乗る時にも、普通に乗っていたら段々と猫背になっていく事が多く、真っ直ぐにこぐ事を意識する事が大切です。