ズキズキ痛みをノックアウト|腰部脊柱管狭窄症を治療して快適生活

病院

医者に相談しましょう

観葉植物

腰椎椎間板ヘルニアは非常に強い痛みを伴います。日常生活が困難になってしまう方も多数いるほどです。ですから、早急に治療をする必要があるのです。まずは腰椎椎間板ヘルニアの治療を専門的に行っている医者に、相談するようにしましょう。

View Detail

腰の痛み

看護師

腰痛は普段の生活が大きく影響しているのです。腰痛の原因には血流の流れが悪くなり、それが冷えとなり筋肉や骨に影響を与え腰痛を引き起こしていることになります。これを改善していくには生活を見直す必要があります。

View Detail

腰痛の原因の9割は誤診

女性

腰痛に苦しむ患者の多くが、椎間板ヘルニアと診断されヘルニア手術を受けても痛みが消えないことが多いです。それは腰痛の原因が椎間板ヘルニアではなく他に痛みの原因があるのです。AKA-博田法を取り入れた腰痛の名医は、仙腸関節の動きをよくすることで治療します。

View Detail

要因になる疾患と所見

医者

すべり症と関係します

坐骨神経痛などの、下肢の神経症状を起こす疾患としては、腰部脊柱管狭窄症が増加しています。腰部脊柱管狭窄症が増加しているのは、高齢化が関与しているのです。高齢者になりますと、椎間板の弾性が低下しますし、筋力も低下するようになります。すると、腰椎にかかる負担が増強して、骨棘の形成や靭帯が変性して脊柱管が狭くなるのです。とくには、脊柱管が狭くなりやすいという特徴があります。特に、すべり症は、腰椎にズレが生じる疾患であるために、脊柱管も狭くなるのです。脊柱管が狭くなると、そこを通る神経が圧迫を受けるので、下肢の神経症状を起こします。そのため腰部脊柱管狭窄症は、すべり症を治療することで、改善することが多いのです。

念頭に入れることが可能

すべり症の治療方法は、保存療法と手術療法の2つの選択肢があります。もちろん基本となるのは、保存療法になるのですが、その存在を自覚していないこともあります。すべり症の存在を自覚しない理由は、自覚症状が乏しいためです。そのため、自覚症状以外の方法で、自分ですべり症を疑うことが必要になります。その目安となるのが、階段状変形という所見で、自分でも確認することがある程度は可能です。階段状変形になると、腰椎に部分的な段差が生じます。この階段状変形による腰椎の部分的な段差は、鏡を用いると外見的にも確認できます。また、腰椎を手で触って、段差を触知することもできるのです。こうした所見ですべり症を疑うことが出来れば、腰部脊柱管狭窄症に早期から対処することが可能です。

腰部脊柱管狭窄症という病気がお年寄りや若い人の間でなる人が多くいます。この病気は、少し腰のはヘルニアと似ている病気です。この病気は、加齢ともに起こりやすい病気とも言われています。症状としては、ヘルニアと同じで神経が痛むような症状が出てきます。お年寄りでとても腰が痛いときは腰部脊柱管狭窄症という可能性が高いので、病院で詳しく検査してもらい治療をしてもらいましょう。治療すると緩和できる病気でもありますので、しっかり治療をしましょう。